プロフィール

北村宜弘

北村宜弘
Yoshihiro Kitamura

1975年にわさび農家の長男として生まれ、幼少期はわさび田や周辺で毎日のようにニジマスを釣って遊んでいました。進学をきっかけに関東で暮らし、帰省時に久しぶりに口にしたわさびの美味しさに驚き、「この風味は残していかなければ」と家業を継ぐ決心。卒業後は様々な仕事を経験、2003年に帰郷し、家業に入りました。これからも自然に寄り添った農業を心がけ、湧き水の恵みを皆様にお届けしたいと思います。次世代につながる特産品、地域づくりにも取り組んでいます。どうぞ宜しくお願いします!

※地球温暖化の影響により、今後は栽培を大幅に縮小して、新たな取り組みを模索していきます。引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。